カテゴリ: マインド

前に
心をきれいにするエクササイズで

ほめ日記と言うのを大分していまして

基本は自分のことばかりほめるのですが

他人のでもよいのですが

ただ自分のほめるのはきちんとするで
20代はがんばった
けなすのが若手はうまいて嘆息されていて君しか指導役が
動画にはいないのにて


小さいスケジュール帳に
書きこむのとかしていたなあで



スタッフはほめなくてはいけないのですが

コーチもほめないといけないので

自分をほめてからの
練習・・・



1日7つとかしていた・・・



今日の私だと

ありがとうと言えてえらいとか


ガス代を節約しようとしてえらいとか


採血で血が苦手なのに大人しくしていてえらかった


病院の待合で静かにまっててずいぶん待っていたのに
おだやかにできていてえらかった
2時間近く待ってたのに


いろいろと言われてもあんまり怒らなくてえらい


行きたくないのに親のいうこときいて病院に行ってえらいとか


親のお財布を気にして少ない金額のから
ごはん選んでえらかった
あおさの味噌汁のんでた




恨みは自分がすっきりして
相手が反省してもうしないのが最善と
自分は思いまして



合法内での
迷惑行為はなにかと
頭を悩ませる・・・


合法の報復てなんだろう


周りのからくりで変えられない場合は
自分だけがすっきりしつつも

とめる方策はないか考えたりして







妬ませるための話を
急募します


すみません
妬みそうな話をコメントにおかきくださいませ

すみません



詩人なだけはなかなか食べていけないけど
作曲の
作詞の精度がいいと
ぽんっと100万円が手に入るからおいしいのね・・・


究めてがんばる価値がある・・・



それでがんばるのですが

歌は感情表現で
心から発生するものなのです



心の表現がこまかくできるほど
精度のいい表現が可能になるので

妬みを口にするのも認めるのも恥ずかしいことではあるのだけど



表現して作詞にできる
パワーをもち
それで祝福を描くと
かなり
高売上をあげられるのね



妬みの感情は強いパワーで
自分も人も振りまわすから


それを圧変えて作詞にできる
むきあえる強さはとても大切なのです


妬みを悔しさのバネにしてがんばるのは
成功者の王道で

成功者はお金持ちになりたいとか
もっとほしいで
成功するケースが多い・・・


自分の妬みをうまく扱えるようになり
歌に少しだけまぜてあげると
熱さをもち
野暮ったくなるけども勢いと風ができるので
うまくコントロールというか認識して

私は妬ましい・・・と
味わってみてほしいです

妬ましい気持ちをよく味わい、それをゆっくりと溶かしていくと
制御できるかもで

ただ次々とわくので
まあ・・・


それは女同士ではごく普通の人生かと





きつくしぼるだけでは
反骨するだけで

愛情を含ませてからまた絞らないと
反省できない


心理学の叱るコツです


愛情がきちんとある人に叱られないと
かすかすに乾燥するだけ・・・



目つきがするどくヤンキー化するかもと言う


まあ、そういうことです



↑このページのトップヘ